イキミモドクリームを実際に使ってみた|アルダラクリームとジェネリック薬の効果

イキミモドクリーム(アルダラクリーム)での治療

私は病院で処方されたベセルナで最初(1ヶ月)ぜんぜんコンジローマに効果を感じなくて、切開手術して再発したり・・・遠回りしたあとに、またイキミモドクリームを使って完治させました。  主成分のイキミモドは病院処方のベセルナと同じですが、病院に行く手間が省けて安いっていうことで海外品の「アルダラクリーム」を購入。
海外の薬を使うのは初めてでしたが、通販サイトの口コミが後押しになりました。

 

効果はベセルナと変わらず、塗り方の方が大事だと思ったので詳しくはベセルナクリームの効果的な塗り方に書いているので参考にしてみてください。

 

サプリや、生活改善も頑張って結局アルダラクリームを塗り始めて1週間で綺麗に治ってしまいました。

 

ただ、イキミモド(アルダラクリーム)は強い薬で、患部にびらんや潰瘍を生じさせたり、瘢痕が残る事があるのでよく患部の様子を観察して、ひどくならないように様子をみながら薬を塗る時間を調節しないといけないですね。
自宅から購入できるベルセナクリームと同じ成分の「アルダラクリーム」

 

イキミモドって何?

 

イキミモドクリームって何のことかと言うと、
ベセルナクリームの別名のようなもの。

 

というかベセルナクリームの主な有効成分が「イキミモド」なんです。

 

そしてイキミモドクリームで日本製造されている薬名が【ベセルナクリーム】。

 

 

日本で病院処方されるイキミモドはこのベセルナクリーム。

 

他に、もう少し安価な海外品を調達する場合に候補に上がるのが

 

【アルダラクリーム】【アルダラクリームのジェネリック】などになります。

 

 

ベセルナとイキミモドの違い

 

ベセルナクリームは商品名。
イキミモドは成分名ということ。

 

ベセルナクリームの中に入っているのがイキミモドってことです。

 

 

 

経験談や口コミは少ないですけど、通販サイトにはレビューがたくさん書かれていて、
実際の塗り方のコツや、塗るペース、症状と完治までの経過などがとても参考になりました。

 

>イキミモドクリーム通販

 

一般的にイキミモドクリームは、肛門周囲のいぼ、尖形コンジローマの治療、日光角化症に使われます。

 

 

イキミモドの効果と感想

 

イキミモドクリームを使ってのいぼへの効果は、ベセルナクリームの口コミで書いているとおりです。
説明書にかかれている注意事項は守りつつ、なるべく長い時間(最大10時間)塗っておくほうが私は効果を感じました。他にも、イキミモドクリームの塗り方や、扱い方は実際の口コミがすごく参考になりました。

 

ただ塗るだけだと、すごく時間だけがすぎていってなかなかブツブツが収まらない、むしろ広がっていくことへの恐怖で毎日過ごすのが苦痛すぎるので。
ちょっとでも効果を感じる使い方を、自分で工夫していった方が良いと思います。

 

ただ放置時間長くして、皮膚がただれているのにイキミモドクリームをお休みしなかったらただれからブツブツが悪化していくこともありました。(私のパートナーの場合)

 

 

だから、ただただ塗るというよりも、「皮膚の様子を見ながら調整」というのが一番効果を早く感じるんじゃないかと。

 

お医者様でも、薬を処方して待つ以外の方法は提案してくれない、詳しいお医者さまも少ないのがコンジですから。

 

ネット検索してもなかなか体験談がみつからない中、イキミモドクリーム通販サイトには口コミ、体験談、アドバイスがたくさん載っていてすごく救われました。

 

先が見えない、再発するなど気分が落ちやすい、厄介ないぼですけど。
工夫するとしないでは、ずいぶん違いましたから、前向きにイキミモドクリームを塗る工夫、がんばってみてください!

 

私がイキミモド使っているときは、自分がお医者さんくらいの気持ちでやっていました。