最初に知っておきたい大事なこと「病院・先生探し」

最初に知っておきたい大事なこと「病院・先生探し」

病院の先生との相性。診断方針に納得できるか。

 

コンジローマに対して、積極的に親身になって治療をしようとするお医者様はほとんどいないと思った方が良いかもしれない。

 

1件目に行くような町の産婦人科医、近くの産婦人科だとまずがっかりすることだと思う。 
恥ずかしいし、ネットで治りにくいって知って不安でいっぱいの状態で初受診したのに、あっさりと薬処方されて、「あ〜あ、たぶん旦那さん(彼氏)
に移されたね」的な軽い態度で言われたら、気分はどよーんとなる。
でも、本当にコンジローマかどうか自己判断はダメで、必ず1回は専門の先生に診てもらった方がいいと思うから、必ず1度は行く必要あり。

 

近くのお医者様でも毎日女性器はたくさん見ているわけだから、イボが病変かどうかは判断できると思う。
(たまに誤診もあるみたいだから、納得しなかったらすぐ別の病院で意見を聞いた方がいい。迷って気分が晴れないより、他ところで診断を受けてすっきりした方がいい。

 

すっきりするには病院・お医者様探しが必須ってことになりますね。
コンジローマの場合、数件の婦人科・性病科をはしごすることは経験者談を見ているとよくあるようです。実際私も3件行ってますし、かといってどの病院も信頼してすべておまかせできるって気持ちではないです。
得意、不得意、設備の違いがあるから、最終的に自分で使い分けて受診しています。
 
初診のあとは、初めてのべセルナクリームの使用で神経を使って、数日使っても全然変化がなくてどよーんとなったり。病院変えた方がいいのかな、治療法は何があるのかなってだんだん調べて知識が増えてくると思います。

 

その時、やってみたい治療法(レーザーや電気メス…)があったら病院を変える必要も出てくるんですよね。

 

 

そもそもコンジローマでの産婦人科受診の患者さんがたぶんそんなに多くない。1年に10件以下っていう話もどこかで見た。だから都会や性病専門でもないかぎり、熱心に治療を研究することもない。

 

一般的なべセルナを処方してひたすら様子を見たり、べセルナ処方してくれなかったり…いろいろ
電気メスでの切除は得意じゃなければたぶんやりたがらないとか。治療方針もお医者様によってまちまちだけど。厄介なのは、普通の皮膚病と違って治りにくいし、再発するってこと。

 

長く向き合うのが当然って感じで治療されることが多いと思う。1ヶ月様子見とか普通。 そんなに待てないよ!と思うし、コンジローマが増えるのは恐怖。

 

で、最終的に治って思うのは診療方針や診察の態度で「信用できないな!」と感じたら、早めに次を探した方がいい。
様子見って言われても予防策は自分なりにやった方がいいと思う。様子見てる間にイボが増えたらほんとにへこむ。集中的に治せるもんなら治したい。

 

治療が合ってるか

 

 

(べセルナって、まじめに良い方法で塗り続ければ、かなりの確率で治ってくるものと思いますので、ガンバレ!私は最初の1ヶ月のべセルナクリームの使い方がいまいちで遠回りしましたが… いくつか、べセルナクリーム之効果的な使い方・劇的に治った時→ )
やって良かった予防策サプリ→   )

 

有名・情報発信してくれている
尖形コンジローマ性病治療の病院

 

高橋クリニック (東京都大田区)
http://hinyoukika.cocolog-nifty.com/std/cat6819198/
とても詳しく書かれてあります。相談者の質問に答えてある項目が参考になりました。

 

amebablogみのり先生の診察室 大阪肛門科診療所(大阪市中央区)
http://ameblo.jp/drminori/theme-10082017478.html
性交以外にトイレでの感染の可能性が書かれていて参考になりました。

 

コンジローマについてかなり調べていましたが、医療機関として情報発信されているのはこの2ヶ所しかなかったので近くで診療して貰える人は良いですよね。

 

 

 

コンジローマの治療は長引くし、患者さんも不安が多いからアトピーの治療に似てる… 相性いい先生だったり、良い薬の組み合わせで処方してくれたり、先生の特徴を知らないとうまく使いこなせないところがあると思う。